資格の取得は所得を増やす効果があるのか?

更新: 2022/04/02 9:14

ビジネスの世界に限らず、士業からIT、ネット通販まで様々な分野で資格制度があります。

サラリーマンをしていると、資格手当や専門的な業務手当など収入の助けになることもありますが、フリーランスや個人事業においてはどうなのでしょうか?

基本的にフリーランスや個人事業においては、実力が物を言いますが、顧客を得るための取っ掛かりとして「資格」があるというのは売りになります。

といっても、資格だけで仕事ができるわけではないので、専門的な資格は、その知識があるというアピールに使えるだけです。

資格がないとできない弁護士や税理士などの「士業」もありますが、当然資格があるだけでは必要条件を満たすだけで、業務としてやっていくためには、「実務能力と実績」がないとどうにもなりません。

フリーランスやリタイアの収入の柱にするために資格を取るというのは、実際にはあまり意味がないともいえます。

SEやプログラマなども実績などの職務経歴を前面に打ち出す方が、より実践的な能力をアピールできるでしょう。

デザイナーやライティングの仕事をするなら、資格よりも「ポートフォリオ」と言われる実績や作品の一覧できるものが有効です。

ネット通販の請負であれば、ネットショップ実務士などがありますが、ネットショップの運営経験があるなら、資格よりもその経験を職務経歴書などでアピールする方が効果が期待できます。

動画の制作であれば、制作ソフトの保有が最低限の資格といえますし、作品を一つ見せる方が実力を見せることができます。

ポートフォリオは、クラウドワークサイトのプロフィールなどにリンクを貼ることで、オリジナルのサイトを作るよりも簡単で綺麗に作品や実績を展示して、依頼者の感性にアピールできるという利点もあります。

すでにあなたが、フリーランスとしてスタートしているなら、資格取得よりも実績を示すポートフォリオの製作を優先すべきでしょう

サラリーマンを続けながら、将来に備えるなら

資格というのは、それ自体を収入源にするには、さまざまなハードルを越える必要があります。
そして、そのハードルは、どうしても資格が必要なものほど高くなります。

どうしてもいま越えることが必要なハードルでないなら、いきなり高いハードルを越えるよりも、すぐ超えられるハードルを超えてから、少しづつ高くしていくほうが効率的ですね。

サラリーマンを続けながら、将来に備えるために何かをするなら、資格を取得するよりも、余暇を収入源を得るためのトレーニングと実績づくりに向けることをお勧めします。

クラウドワークサイトに登録するというのも一つですが、「Shinobiライティング」や「サグーワークス」のようなライティングサービスに登録して、ライティング実績を積み重ねることは、実力向上や実績の積み重ねにも貢献できます。

ライティングサービスは、キーワードや文章の目的がはっきりしているので、ライティングのトレーニングにもなり、いきなりブログアフィリエイトなどに取り組むよりも収入に繋がりやすいという面もあります。

発注されるキーワードや記事のジャンルは、需要の目安にもなりますから、自分自身のブログやサイトに投稿する記事作成にも役立つのです。

もちろん実績だけでなく、様々なことを勉強することも重要です。
最先端の流行はもとより、専門性の高い知識は、記事作成や能力のアピールにも必要です。

資格試験というのは、学習の実績証明ですから、積み上げた実績の補助として利用するなら充分に有効です。

そして、余暇を利用して、実績を積みながら、通勤時間などを勉強に当てるというのは、サラリーマンに与えられた特権ともいえます。(マイカー通勤などでも音声教材なら利用できますね)

そういった意味で、スマホで利用できる資格教材やプログラミング教材は、スキマ時間を利用するには最適です。

まとまった時間は実績作りに、スキマ時間は学習に、と使い分けることができれば、より短い時間で収入の柱を一つ作ることができるでしょう。

そして、そういった複数の収入の柱を用意することで、安心できるライフプランを準備をすることができるでしょう。