アフィリエイトサイトを作るうえで注意することは?

更新: 2022/05/08 19:46

ASPの商材をできる限り多く見る

アフィリエイトサイトの制作を効率よく進めるうえで重要なことは、ASPに掲載されている商材をできる限り多く見るということです。

まずは、ASPを1つ選んで、そのASPで取り扱われている商品をできるだけ沢山チェックしていきましょう。
この作業をすると、頭のなかに商材データベースができあがります。

常にキーワードを意識する

あなたが日々生活していく中で、様々なキーワードと遭遇すると思います。
そして、その商材データベースとキーワードが組み合わさった時に「このキーワードであの商品を売ったら行けるかもしれない!」というイメージが浮かべば、その商材の紹介ページの基礎になるのです。

イメージを広げるには?

次に重要なことは、実際に、商品販売ページにアクセスして、 自分の目でどんな商品なのかを確認することです。
商品販売ページには、 ASPの商品説明には載っていない情報がたくさん記載されています。
その情報をサイトや広告文に載せるだけで、ライバルとの差別化になりオリジナリティのあるページになります。

販売ページを見るときのチェックポイント

次に、販売ページを見るときのポイントを4つ紹介します。

  1. ターゲットは誰か? 
  2. 魅力的な情報は書かれていないか? 
  3. 電話番号が書いていないか? 
  4. 売り切れになっていないか?
     

ターゲットは誰か?

販売ページを見る上で重要なことは、どんなユーザーをターゲットにしているのか?ということです。
ターゲットを明確化しておくことで、 サイト作成、広告出稿のときに良い文章を書くことができます。
具体的には、 下記の項目を意識しながら販売ページを見てください。

  • 年齢は?
  • 性別は?
  • 職業は?
  • 収入は?
  • 趣味は?
  • 体型は?
  • 既婚者か?
  • どんなことで悩んでいる?
  • 彼氏彼女の存在は?
  • 住んでいるところは?

これらの項目に対して考えることで、 その商材がどんなユーザーをターゲットにしているのかが分かります。

魅力的な情報は書かれていないか?

その販売ページにユーザーが魅力的だと思う情報が書かれていないか確認しましょう。
ここでできるだけ多くの情報を仕入れておくことが、 サイト作成、広告出稿にとても役立ちます。

  • 割引
  • クーポン
  • 返金保障
  • 送料無料
  • 期間限定
  • プレゼント
  • 非公開求人
  • 有名人が使っている、プロデュースしている
  • 有名人が推薦している
  • 雑誌、TVなどのメディアで紹介された etc...

ユーザーにとって、その商品を魅力的に感じるような情報がないかを探しながら、販売ページを確認しましょう。

電話番号が書いていないか?

販売ページに電話番号が記載されていると、電話注文などで紹介者が確認できず、アフィリエイトの承認率が下がることがあります。
ですから、必ず販売ページに電話番号が記載されていないか 確認しましょう。
ASPによっては、電話注文の際に紹介者を確認できる手段を提供していることもありますので、ASPの詳細情報も併せて確認しておきましょう。

売り切れになっていないか?

物販商品の場合、稀に商品が売り切れ状態になっている場合があります。
なので、しっかりと販売ページを確認して商品に在庫があるか確認しましょう。
また、ASPからのメールで、一時的な停止案件などのアナウンスが贈られることもあるので、毎日のメール確認も大切です

商材の販売ページには、商材を売るための工夫や情報が盛りだくさんです。
しっかりと販売ページを見て、競合サイトとの差別化を図りましょう。