個人事業ではどんな名刺を作ればいいのか?

更新: 2022/05/08 17:56

ビジネスマンならば、誰もが持っている名刺。
会社員として働く間はもちろん、社会人となれば仕事以外の付き合いにも、名刺が必要になるシチュエーションは少なからずあります。

日本や韓国・台湾・中国などの東アジア圏では、慣習としてビジネスで名刺交換を行います。
欧米でも、URL・メールアドレスなどの交換の必要性や日本やアジア諸国の海外進出に伴って使われ始め、Calling CardやVisiting Card、Business Cardなどの名称で広まっています。

近年、ビジネスの現場では、IT化が進んだ関係で CRM (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント) などに登録するために、名刺をスキャナーなどで読み取り電子データとして保存する場合もあります

個人でも、出会いを印象付け、その場限りの付き合いにならないよう名刺を作成する人はいます。
もちろん、フリーランスで働くにも、ビジネスとして行うなら名刺は必須です。

もちろん、本名のほかにビジネスネームやペンネームを名乗っている方は、名刺が必須になります。
オシャレな名刺を簡単作成!カスタムデザイン名刺【whoo】

デザインがカスタマイズされた名刺は、初対面を印象付けるのはもとより、思い出してもらいやすくなるという利点もあります。
しかし、スキャナなどでの読み取りを確実にするために、敢えてスタンダードなデザインを選択するメリットも出てきています。
中には、QRコードなどで名刺に記載している個人情報をデータ化しやすくしている方もおられるようです。

どのような仕事をしているかにもよりますが、デザイン関係の業務をする人は「デザイン名刺」を、IT関連の業務をする人は「スタンダードな名刺」を選択するのはいかがでしょう。

世界中の名刺デザインが無料。3ステップで簡単作成

デザイナーなら、自分でデザインしてもいいですし、テンプレートを選択して、スマホで必要事項を入稿するだけでデザイン名刺を制作できるサービスも出てきています。
名刺の制作業者には、100枚以下の小ロットで制作してくれるサービスもありますし、カラーの名刺でも1000円程度で制作できますから、業務に応じて違うデザインの名刺を制作するのも面白いですね。