スキルを活かしたビジネスで少しだけ生活にゆとりをもつには?

更新: 2022/05/08 17:49

老後に必要な資金は、夫婦で1億円とか、一人あたり3,500万円とか、いろいろといわれています。
老後資金と聞いてほとんどの人が思い浮かべるのは「リタイアの時にそれだけの金額を用意してないといけないの?」ということではないでしょうか?

しかし、そんなことはありません。

老後資金というのは、リタイア後に生活していく数十年間に必要なお金ということです。
何もリタイアする時に全額そろえていないといけないというわけではないのです。

かといって「リタイアした後もあくせく働くのはちょっと…」と考える人が大半でしょう。
「一億総活躍」と政府は言っていますが、「一生働き続けろ」というのは無理があります。

「でも働かないと収入なんか得られないじゃないか」と考えるかもしれません。
でも「フルタイム働くだけが収入の手段ではない」ことはもうすでにご存じでしょう。

ここで、これまでに築き上げてきた「投資や副収入のノウハウ」がものをいうのです。
年金生活に入ったとしても、年金だけで、あるいは副業だけで生活していく必要はありません。

年金プラス副収入で生活していければ、そして、寿命を迎えるその時までその生活が維持できればいいのです。
こう考えれば、慌てて資産を倍増なんてことは考える必要はないのです。

もちろん、若ければそれだけ時間をかけて準備ができるのは言うまでもありません。
しかし、きちんとプランを立てて準備すれば、定年目前といってもあわてる必要はないのです。

あなたの持っているスキルは、あなたの生活を劇的に向上させることはできないかもしれませんが、少しだけ豊かにすることができるかもしれません。

自分の持つスキルはどんな風に活用できるのか確認する

あなたの持っているスキルや経験が活かせる副収入の方法を見つけ出すことが、安定した老後をもたらす手段になるでしょう。

ほかの人がどんなスキルを売り物にしているのかを知るには、スキルを後悔して販売しているサイトに登録するのが一番簡単です。

フリーランスの登録サイトの「 クラウドソーシング「ランサーズ」」や「知識・スキルの販売サイト【ココナラ】 」などは、登録するだけなら無料ですから、どんなスキルや経験が求められているのか?
あるいは、どんなスキルが売り物として出品されているのかを知るにはとても良い方法です。

 

もちろん、あなたのスキルや経験が活かせるものなら、そのまま出品や依頼に応募して実際に稼ぐことも難しくありません。

ほかにも、趣味の絵や俳句、詩などを電子出版で出版することも、初期費用ゼロで出来るようになっています

あなたの好きなことが、生活の助けになるかもしれませんし、成果を発表する場としても活用できるのです。


電子書籍で自費出版する「Kindleダイレクト・パブリッシング」なら初期投資ほぼゼロ!

電子書籍の登場によって自費出版のハードルが格段に下がっています。
Kindleダイレクト・パブリッシング」なら、日本をはじめとする29の地域で販売する場合は、最大70%もの印税を受け取ることができます(条件を満たさないと35%の印税になります)

あなたが趣味で描いた絵や詩、俳句などの発表の場としても活用できますね。
「Kindleダイレクト・パブリッシング」に登録すれば、電子書籍の制作ツールのほか、電子書籍の制作ノウハウや販売方法なども提供されています。

Amazonジャパンのアカウントがあれば、そのままサインにして出版作業に入れます

うまくいけば、ベストセラー作家の仲間入りですね。
Kindleダイレクト・パブリッシング

独立前の腕試しや需要の調査や強みの発見などにも最適

自分の持っているスキルを提供して代価をもらうというコンセプトの「ココナラ」。
ココナラ 」では、作業に価格を設定して公開し、その作業を依頼したい人から受注することができます。。
あなたのスキルが活かせる作業にどの程度の需要があるのかを試してみたいという方はこのサイトに登録してみましょう。

良く提供されているのは以下のようなスキルですが、ユニークなスキルであれば思いもよらない受注があるかもしれません。

ジャンル 仕事内容
イラスト ブログ用イラスト作成
イラスト Lineスタンプ作成
文章 ブログ記事制作
文章 キャッチコピー制作
事務 契約書作成
事務 データ入力


ユニークなものとしては、「はずさない贈答品のアドバイス」なども登録されていますね。

ランサーズストアなどのクラウドワーキングサイトでもスキルを登録できる

同じようにスキルを登録して受注するシステムとしては、ランサーズの「ランサーズストア」クラウドワークスの「お仕事メニューβ版」 などもあります。